top of page

育毛剤って本当に効くの?育毛剤のメリット、育毛剤の選び方、有効成分とオススメ商品のご紹介


一、育毛剤は本当に効く?

まずは育毛剤に期待できる効果を確認していきましょう。

日本の厚生労働省の「医薬部外品」認可をとっている

薬用育毛は、

1、髪の成長を促す・抜け毛を予防する。

頭皮に栄養を補給し、潤いを保って、抜けにくくします。



2、ヘアサイクルを正常な状態に働きかける。

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルを繰り返して生え変わりを続けています。毛周期(ヘアサイクル)の乱れが発毛トラブルの原因になります。乱れたヘアサイクルを正せば髪はきちんと育ちます。頭皮を清潔に保ち、育毛環境を整え、今生えている髪を育てる効果が期待できます。  


3、頭皮の環境を整え、かゆみやフケなどの頭皮トラブルを防ぐ

頭皮もお肌の一部であるため、加齢とともにコラーゲン、エラスチン、女性ホルモンが減少することにより、悩みが増えます。育毛剤には頭皮環境を整える成分が配合されているので、健やかに保ってくれます。


育毛剤は「育てる」ことにフォーカスしたアイテムなので発毛効果は期待できませんが、頭皮や毛髪を健やかに保ち、髪の成長をサポートしてくれます。



髪は他の器官と同様継続的にケアが必要です。

抜け毛が増えたり、細くなって、ボリュームがなくなってくるのを感じ、諦める人がいる一方、育毛剤を使い始める人も多いでしょう。


何より早く気づき、早く行動を起こすことで、将来起こるかもしれない薄毛・抜け毛が予防され、髪の元気を取り戻すことが大切です。しかし、育毛剤の効果を感じられないと思っている人もいます。

生涯美しい髪を失いたくないのであれば、自分に合った育毛方法や育毛剤の選び方と継続して使うことが大事です。


二、自分に合った育毛剤の選び方


育毛剤の種類が多くあり、何を基準に選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では「育毛剤の選び方がわからない」という方に向けて、育毛剤を選ぶポイントや使い方を解説していきます。

育毛剤を選ぶポイント

①悩みに合ったアイテム

②育毛成分を配合しているもの

③頭皮ケア成分を配合しているもの

実は「育毛剤=新しい毛を生やす」というのは誤りです。日本の薄毛対策アイテムの種類と効果は以下の通りです。


種類効果・特徴発毛剤 (1)(医薬品)毛を新たに生やす ▶抜け毛・薄毛が目立つ人向け育毛剤 (2)(医薬部外品)今ある毛を健康に保つ ▶ボリューム・ハリ不足が気になる人向け養毛剤 (3)(化粧品)毛に潤い・ツヤを与える ▶髪のダメージが気になる人向け


パッケージの裏面表示をチェックして、育毛を促進する次のような成分を配合しているアイテムを選びましょう!

血行促進▶血行を改善して頭皮に栄養を届ける ・ミノキシジル ・塩化カルプロニウム ・センブリエキス ・酢酸トコフェロール(ビタミンE) ・T-フラバノン

・ジオウエキス


毛包賦活▶毛根の細胞を活性化し育毛を促す ・D-パントテニルアルコール

・ファイトポリアミンS(東洋紡特許取得済みの大豆由来成分) ・ペンタデカン ・ビタミンB5(パントテニルエチルエーテル) ・ヒノキチオール

・アデノシン


育毛しやすい頭皮環境を作るために、フケや炎症を予防する頭皮ケア成分を配合しているかもチェック!


フケ防止

・ジンクピリチオン ・ミコナゾール硝酸塩 ・ピロクトンオラミン

・グリチルリチン酸2K


かゆみ・炎症防止

・アラントイン ・グリチルリチン酸2K ・塩酸ジフェンヒドラミン

・レモングラス抽出液


保湿

・海藻エキス

・コラーゲン ・ヒアルロン酸 ・グリセリン

・濃グリセリン

・D-パントテニルアルコール


「その他の成分」

  • カッコンエキス

  • 紅茶エキス

  • セロリエキス

  • ルチン

  • ゴボウエキス

  • ビワ葉エキス

  • カンゾウ葉エキス

  • ウメ果実エキス

  • ワレモコウエキス

  • アサガオカラクサエキス

  • サンシャエキス

  • タケノコ皮抽出液

  • ローヤルゼリーエキス

  • クワエキス

  • バンジロウ葉エキス

  • 桑白皮エキス

  • シャクヤクエキス

  • マロニエエキス

など


三、育毛剤のメリット

副作用のリスクが発毛剤と異なる

医薬品の発毛剤には副作用があります。ミノキシジル内服薬は元々循環器用剤として開発されていたもので、特に高濃度のミノキシジル内服薬は、循環器系の副作用として胸の動悸、不整脈、多毛症、性欲減退といった状態を引き起こしてしまう方もいます。

また、ミノキシジル外用薬では頭皮の痒みを訴える声はネット上でも多いです。対して医薬部外品の育毛剤であれば、副作用としてこのような症状を引き起こす可能性は限りなく低いです。

万が一起こり得る副作用を敢えて挙げるのであれば、皮膚の炎症があります。頭皮のかゆみ・かぶれ、頭皮の黒ずみ、頭皮の赤みや腫れなどが代表的なものですが、もしこういった症状が出たら直ちに使用を中止して病院で診察を受けて下さい。育毛剤は医薬部外品ですが、正しい用法・用量を守って使用しましょう。


医師の診断や処方箋を手に入れる必要がない

育毛剤はスーパーで売っているシャンプーを購入するのと同じように、手軽に購入できます。医薬品の発毛剤の場合は基本、医師の診断や血液検査、処方箋などが必要なので、こういった面倒な手間が必要ないことは育毛剤のメリットです。


定期購入で毎月決まったタイミングで自宅に届く

医薬部外品の育毛剤は、その都度購入する単品購入の他に、定期コースの契約を案内している場合があります。定期コースで注文すると、単品購入よりもかなり安く購入できます。

一度契約してしまえば、例えば毎月決まったタイミングで商品が自宅に届くので、使い切るたびに買いに出たり毎回決済する手間を省けます。

 

四、オススメ商品のご紹介

①成分:育毛&頭皮ケア成分を3つ以上配合している

②コスパ:1mLあたりの価格を比較

使い勝手:べたつき感・液だれ・匂いなどは口コミをご参考ください。


❶薬用育毛エッセンスSPRING(Winnow)

価格:3,960円(税込)

内容量:120mL

コスパ:1日88円(45日)

アットコスメ様での口コミ:



Amazonの口コミ:


yahooの口コミ:


❷スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム薬用育毛剤

価格:7,945円(税込)

内容量:80mL

コスパ:1日134円(60日)


❸ニューモ 育毛剤

価格:5,500円(税込)

内容量:75mL

コスパ:1日122円(45日)






#特許成分

#東洋紡特許成分





閲覧数:105回0件のコメント

Kommentare


bottom of page